美しいお肌の為のスキンケアはもちろん、キュッと引き締まった美ボディを生み出す話題のダイエット法まで、ジャンルを問わずキレイの情報をたくさんお届け!

ドライフルーツで着実にダイエット

モデルさんが小腹の空いた時につまむというドライフルーツとナッツ、私もダイエットのために常備するようになりました。 こってり感が欲しい時にはナッツ、甘いものが欲しい時にはドライフルーツと食べ分けて、かなり食欲をコントロールできています。

ちょっと不満なのが、ドライフルーツの甘みが強すぎること。 時には、表面が砂糖ジャリジャリで、フルーツとはいえないものにお目にかかることも。

この不満は私だけではないようで、甘すぎないドライフルーツを求める声はけっこう耳にしますね。 そんな声に応えて、甘みを抑えた半生ドライのマンゴーを販売しているサイトを発見。

ドライフルーツの中でも、マンゴーは好きな人が多いですね。 マンゴーは美味しいだけでなく、美肌を作るビタミンAやβカロテン、ビタミンC、鉄分や食物繊維が豊富な、フルーツの女王的存在なのです。

このドライマンゴーは、セブ島の完熟マンゴー使用で、ドライフルーツぎりぎりまで半生にしてあるので、食べごたえがあって本当に美味しいと評判のようです。

マンゴーは甘みの割りに低カロリーですし、よく噛んで食べると満腹感も得やすいので、間食につまむとダイエットに最適。 特にこの半生マンゴーなら、本当に美味しくダイエットできそうです。

最適の入浴剤を求めて

この冬冷え知らずで温かく過ごせた理由の一つに、入浴剤があります。 温め効果が高いという入浴剤をいろいろ試しつつ、実感させてもらいました。

一番温まったのが酵素だったのですが、ちょっと問題が発生。 それは、お風呂場の配水管にへばりついた白い粘土状の汚れで、多分酵素入浴剤の成分だと思われます。 配水管が詰まると大ごとなので、泣く泣く酵素風呂はしばらくお休みということになりました。

実は、入浴剤の弱点はこれなんですよね。 入浴剤によっては浴槽や風呂釜を傷めることもあるようで、どの成分が悪いのか、注意書きに神経質になってしまいます。

そこで頭に浮かんだのが、お湯に物質を溶かすのでなく、お湯の質そのものを変えて温め効果を発揮する入浴剤です。

入浴剤というより、石のミネラルが発する遠赤外線効果を利用した岩盤浴の家庭版というわけですね。 探してみると、家庭のお風呂で使える石として、角閃石を使った入浴剤がありました。

この石の放射する4~15ミクロンの遠赤外線は、人体に最も効果的だそうで、体を深部から温めて血液循環を高め、継続することで細胞を活性化し、デトックスから体質改善までできるといいます。むだ毛のお手入れを脱毛器でしたことがない美容無関心主婦の日記でむだ毛のお手入れ方法もチェックしてみては?

ただ、一般の入浴剤のように全くの消耗品ではないのですが、毎日使うと3ヶ月ほどで効果が薄れるようです。 半消耗品としても、浴槽や配水管の弊害を考えると一度試してみたい気がしますね。